この記事は約 2 分で読めます。

子宮内膜症と不妊のつづきです。

子宮内膜症になる原因は、いろいろな仮説があります。
 
血液が逆流して、内膜片が腹腔内に流れるのがそもそも原因と
言われていますが、

普通は、免疫の働きで異物を排除する力があるため、
内膜片が、他の臓器に付着しないのですが、

何らかの状態で、その力が弱ったとき排除しきれず
付着するとも考えられています

臓器移植は、そのことを利用して、免疫を落として行なわれますよね。

月経期は、多くの血液が失われ、体の抵抗力が弱ります
月経の度に風邪をひいたり、下痢したりする方がいるのも、
中医学では、そう考えます。

また頻繁に鎮痛剤を服用するとしたら、
体温を下げるために、免疫力は普通の状態よりとても落ちます。

その仮説が、当てはまるとしたら、
月経痛がひどい方が、鎮痛剤を服用しているうちに、
子宮内膜症を発症させてしまう
ということにもつながると思います。

子宮内膜症は激しい月経痛や、性交痛、排便痛を伴うことが
多いのですが、そのたびに鎮痛剤を服用していたとしたら、
それは、悪循環になっていると思われます。

   ランキングに参加しております。ブログをもっと続けて欲しいと応援して下さる方は

こちらのクリックお待ちしておりますキラキラクローバー人気ブログランキングへ

  クリックしていただくと、このブログに点数が加算され、ランキング順位が上がります笑顔