この記事は約 1 分で読めます。

この日曜は漢方の塾の勉強会で九州博多へ…

最低月2回は漢方の勉強会に出ています。

講義を受けたり、講義をしたり、
指導を受けたり、指導したり・・・

漢方の勉強には終わりがありません。

もうここらでよか・・・ というのはないのです

治せないのは漢方の限界ではありません。

治せる漢方薬、生薬を選べなかったということです。

漢方に副作用がないのではなく

漢方には元々副作用という考え方がなかったのです

漢方のんで具合が悪くなった…

これは副作用ではなく、選び間違い(誤治)と考えたのです

漢方医学は

薬のせいにはしません。

もちろん患者さんのせいにもしません。

質の悪い生薬も確かにあります

でもそれを選んでしまった自分が悪い…

生薬の質を吟味する目が自分にはなかった

すべては自分の未熟さのせい

だから、勉強に終わりはありません

イチローも言ってます

技に完成はない

進化に終わりはない

学然後知不足

教然後知困

ところで

サト先生も日曜は日本中医薬研究会のシンポジウムで
東京へ…

サト先生のお土産は 名菓ひよ子

危ない危ない…

重なるところだった…(^_^;)