この記事は約 2 分で読めます。

先日、O様から紫陽花のお写真をいただきました。
とっても綺麗で、思わず、ほーっと見惚れてしまいました。

O様は現在ご妊娠中。
先日、妊娠中の運動に「暑くない朝方の時間帯の散歩」をおすすめしたところ、その散歩道で見つけた紫陽花を写真に撮って送ってくださいました。
水筒・ネッククーラー・日傘でお散歩されていると。暑さ対策もバッチリですね(*^^*)

O様におすすめした方法がもう1つあり、それが「軽めの浅めのゆっくりスクワット」です。

妊娠中の運動って悩みますよね。
つわりが落ち着いて動けるようになってきたし、少しずつ出産に向けて体力も、足腰の筋力もつけていきたいけど・・・。
どれくらいの強度のものならしてもいいの?体の負担にならないの?安静にしているのがベストなの?などなど

そんな時におすすめしているのが「軽めの浅めのゆっくりスクワット」です。

軽めの浅めのゆっくりスクワット
  1. テーブルや壁に両手をつき、足を肩幅より広めに広げて立つ。
  2. 下腹部に強い力が入らないように、足のももに力が入るように浅く腰を下ろす。この時、テーブルや壁を使って体を支える。
  3. テーブルや壁で体重を支えながら、腕の力も使ってゆっくり腰を上げる。

普通のスクワットのように椅子に座るように深く腰を落とすと、下腹部に強い力が入ったり後ろにこけてしまう可能性があるので、テーブルや壁に手をつきながら、気持ち前側に浅めに腰を落としましょう。

また、もし後ろに体重を乗せてふらついた時も大丈夫なように、壁を背にして行うとより安心です。

無理のない範囲で回数を決めて、毎日の運動の1つにしてみてください。

(※運動はお体の状態に合わせることが大切です。どんな運動も主治医に相談してから行ってくださいね。)

O様が、体調が安定せず満足に外出できないと漢方相談に来られてから、2年が経ちました。
こうしていただいた写真を見ると胸がいっぱいになります。

元気な赤ちゃんと会えますように。

O様からいただいた紫陽花の写真
O様からいただいた紫陽花の写真